トップページ > 肥満度の計り方は?
 

肥満度を表す指標は、BMI(ビーエムアイ)

肥満度を表す数値BMI値は、以下の計算式で求められます。

体重(kg)÷身長(m)2で表されます。

BMIは、Body Mass Indexの略です。日本語で言うと、肥満度指数になります。男女共通で、肥満度を判定するために使われています。

計算結果の数値(BMI値)が22になる身長と体重のバランスが、標準体重と言われ、健康的で、統計的に一番病気にかかりにくく、健康的な状態と言われています。

BMI値を実際に計算してみましょう

例えば身長が150cmで、体重が55kgの人の場合、BMI値の計り方は、
BMI値=55÷(1.5×1.5)
で、BMI値は24になります。 BMI値は22が正常で25以上になると肥満と言われているので、身長150cm、体重55kgの人は、肥満に近い標準と判定されます。

  • 〜20以下  痩せている
  • 〜24以下  標準的な体型
  • 〜26.5以下  やや肥満体型
  • 〜26.6以上  肥満

※ 身長の単位はcmではなく、mで計算します。体重の数字はkgで計算します。

bmi値

BMI値が25を越えてしまうと、「肥満」と判定されてしまう可能性が高いです。
BMI値だけではなく、体脂肪率や、LBM値などを知ることで、正確な肥満度が分かります。

BMI値

肥満は外見的に問題が表れるだけではなく、高血圧、糖尿病などの健康面でもリスクがあるので注意が必要です。
BMI値が22の時が一番健康的で、病気にもかかりにくく長寿と言われています。そして、BMI値が22から離れるほど病気リスクが高くなると言われています。
肥満は、BMI値だけで判別できるものではありませんので、一つの目安としてお考え下さい。
それでもBMI値が25以上の方は注意が必要です。 外見的にマイナスイメージになってしまうことや、健康面でも悪い影響があるので、しっかりと肥満対策をしましょう。

LBM値とは?

LBM値とは、体脂肪を除いた体重のことです。
LBM値が増えると、太りにくくスリムになりやすいと言われ、健康的に痩せるための新しい基準になっています。
筋肉の量が増えるとLBMが増え、LBMが増えると体内の栄養循環が良くなり、身体機能は保たれ、基礎代謝も上がり、リバウンドしにくいと言われています。


健康的に、リバウンドのリスクを少なく痩せるために、BMI値、LBM値にも気を使いましょう。
最新の家庭用体重計にも、「体脂肪率」「LBM値」「BMI値」「体重」など計る機能付きの物が多く発売されています。 痩身を目指す方の御家庭には、多機能な体重計は必須かもしれません。