トップページ > 二重まぶた・埋没法
 

埋没法施術

埋没法(まいぼつほう)で自然な二重まぶたを目指しましょう!埋没法は、美容外科で人気の美容方法です。目頭の切開が必要だったり、まぶたの脂肪を無くす必要がある場合もあります。
多くの人は、一点式の埋没法で二重まぶた化が必要と言われています。 また、切開や脂肪を無くす場合、麻酔を使います。局所麻酔なので、二重施術のために入院をする必要はありません。

一番人気の施術

二重のための施術方法、埋没法は、美容外科・美容整形の中で一番人気が高い美容方法と言われています。やはり、目は二重の人の方が断然見た目の印象が良いみたいですね。 女性からも、男性からも、一重まぶたの人よりも、二重まぶたの人の方が高い人気のようです。

二重まぶた施術のリスク

二重まぶたの埋没法は、失敗してしまうこともあるそうです。医師の腕前が良いか悪いかの違いによって、埋没法は失敗してしまう可能性もありますので、腕の良いクリニックを選びたいですね。施術前にクリニックの実績や、施術前の相談も行った方が良いと言われています。


もしも埋没法に失敗してしまうと、目の周辺に内出血ができてしまい、腫れてしまうこともあるそうです。
内出血は、2週間〜3週間続きますが、時間が経過すれば必ず無くなると言われています。

埋没法は、メスを使わない二重施術

メスを使わない。皮膚に傷口を作らないので、埋没法はとても人気が高い美容施術です。しかし、人によっては2ヶ月〜数年で元の一重に戻ってしまうこともあるそうです。埋没法は、「必ずしも永久二重」とは限らないそうです。
数回埋没法を行っても、元のまぶたに戻ってしまう人もいます。そのような人は、埋没法の二重施術よりも、切開法の二重施術が勧められています。

埋没法が失敗してしまうタイプの人

何度も埋没法を失敗してしまう人のタイプは、「たるみが多い人」「皮膚が厚い人」「顔の脂肪が多い人」「腫れた目をしている人」「逆さ睫毛がある人」と言われています。埋没法が失敗してしまうタイプの人には、「切開法」が勧められています。

切開法とは?

まぶたの皮膚を切開し、皮膚と瞼板を直視下に縫い合わせる癒着させる二重方法が、切開法です。埋没法よりも、元の一重まぶたに戻ってしまう可能性が低いと言われています。

しかし、切開法にもデメリットがあります。
もしも納得のいかない目になってしまっても、元の目に戻すことは困難です。口コミ情報やクリニック情報を読み、確実に信頼できるクリニックを選びましょう。 切開法は、ダウンタイムが長いため、長いダウンタイムに耐えられない人にはお勧めできない施術と言われています。