トップページ > エステの痩身
 

体型を知る方法

一般的に、痩せている体型なのか、普通体型なのか、太っているのかは、さまざまな方法で計測されています。見た目だけではなく、身長・体重・体脂肪率・BMI値などを計測して自分の体型を知りましょう。殆どのエステには体重計・体脂肪計があります。自分の目標体重、目標体脂肪率などを決めましょう。


身長・体重だけで計算されるBMI値では、「隠れ肥満」は分かりません。
BMI値の数値上では「標準」になっていても安心できません。体脂肪率で見ると「肥満」と判定されてしまうこともあります。「隠れ肥満」の場合、筋肉量が少なく、内臓脂肪が多く、基礎代謝が低いため、太りやすいタイプと言われています。 隠れ肥満は、BMI値では分からないので、「体脂肪計」を使いましょう。

  • 身長・体重
  • BMI値
  • 体脂肪率
さまざまな標準体重の計算方法

身長から、標準体重を割り出す計算式をご紹介致します。
身長のデータだけを元に計算される数値なので、筋肉量・体脂肪量などは考えられていません。参考程度に御覧下さい。重要なのは体脂肪率と言われています。

  • 健康体重=身長m×身長m×22
  • 美容体重=身長m×身長m×20
  • 標準体重=身長cm-100×0.9

美容体重は、最も美しく見える身長と体重とのバランスです。美しくなりたい女性は、BMI値が22の体重よりも、美容体重を目標にする人が多いそうようです。

健康体重は、少々重いと感じられるかもしれませんが、BMI値22に近い数字がでてきます。
身長が170cmの場合、健康体重は63kgになります。(1.7×1.7×22=63)
BMI値は、体重÷身長m÷身長mなので、63kg÷1.7m÷1.7=21.7です。 身長170cmで体重63kgの方は、BMI値21.7になり、適正BMI値22に近い数値になります。


しかし、BMI値では体脂肪率を考えない肥満度計算方法です。BMI値で標準範囲内でも、体脂肪率が高いと「隠れ肥満」と評価されてしまいます。

BMI値で正常範囲内で、適切な体脂肪率を維持

体脂肪率は女性の場合、20%〜25%。男性の場合、15%〜20%が正常の範囲内と言われています。

BMI値は、20〜25が理想的です。 体脂肪率、BMI値のどちらも標準になる体重、体脂肪率を目指しましょう。体脂肪とは、体重の中でどれだけ脂肪が含まれているかを表す脂肪の割合です。 BMI値は身長と体重から表される肥満度の計測方法ですが、BMI値では体の内側までは分かりません。BMI値では正常範囲内で、一見痩せて見える人でも、体脂肪率では肥満と評価されることもあります。