トップページ > 紫外線の危険
 

紫外線対策は、お肌お手入れの基本

紫外線はは浴びたくありませんね。紫外線を浴びてしまうと、お肌は老化してしまうと言われています。紫外線を浴びることによるお肌への悪影響は、すぐには表れませんが、着実にお肌へのダメージとなり、数年後 後悔することになると言われています。今現在、「自分のお肌は老化していない。」と感じている方も、常に紫外線を浴びないように気をつけることは大切です。若いうちから気をつけておきましょう。

紫外線を浴び続けるとどうなるか。

紫外線によって、お肌にシミができてしまったり、くすみが発生してしまったり、お肌が老化してしまうと言われています。紫外線を浴び続けていると、メラノサイトが活性化してしまい、お肌の弾力性を失わせてしまうなど、お肌に対して悪影響を与えてしまいます。そして、紫外線が原因でお肌、人が老化してしまうのです。

  • お肌のシミ
  • くすみ
  • シワ
  • 老化

老人性色素斑とは?

老人性色素斑は、御老人に多く見られるシミのことですが、紫外線を浴びる量によっては若い方にも多く見られます。長い年月、紫外線を浴び続け、表皮と真皮の境にメラニン色素が増えることによって発生するシミです。老人性色素斑対策として、紫外線を浴びないように気をつけることは必要不可欠ですね。エステの対策方法では、レーザーを使ったシミ対策を行ってくれるところもあります。エステで使われるシミ対策のレーザーは、お肌に傷を付けるリスクは少なく、シミ対策に役立つと言われています。

エステで紫外線対策し、お肌のお手入れをしましょう!

もしも紫外線を浴び過ぎてしまったら、お肌のお手入れが必要です。紫外線は季節によって強さが変わります。冬から春は、一年間の中でも紫外線の量が少ない時期と言われていますので、この時期にお肌のお手入れをしましょう。「夏場に一番紫外線が強い」というイメージがあるかもしれませんが、実は6月が一番紫外線が強い時期と言われています。 また、海と同様に、スキー場も意外と紫外線を多く浴びてしまいます。「冬は紫外線が少ないからお手入れしなくても良い。」とは考えず、冬場にも適切なお肌のお手入れを続けましょう。紫外線対策のために、冬場にも定期的にエステに通い、紫外線のお手入れを続けることをお勧めします。